読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

12/6

日勤。Y本さんが携帯電話で話しながらくそきれてた。「おおだからお前は誰やねん誰に向かって口きいてんのやおらあお前なめとんのか」とくそでかい声で怒鳴り散らしていて、どうやら間違え電話かイタ電が入ったようだったが、本当にどうしようもない馬鹿だなと思った。そして奴隷として働いている現状を悲しく思った。

K竹さんは歯が痛むと嘆いていた。奥歯のかぶせものの中が痛むようで、見た目じゃわからないらしい。

過去案件見直しを手伝い21時に引き上げた。

気が付くとあの人のことを考えてしまう。もうずっと、夢の中にいるみたいだ。あまり現実感はない。